コラージュと私

私も時間がある時に大先輩が主催されているコラージュ✂WORKSHOPに
参加しています。
今日は、先日私が作った『2017年初コラージュ作品』をお見せしたい
と思いますっ

ジャジャ~ン

DSC_5686

この日は、画用紙を先に選んで、写真を切り取る事にしたのですが、
色とりどりの画用紙を見て惹かれた色は赤.
その後、たまたま持ち合わせて行った雑誌を見ながら、気になる何枚か写真を選んで…
これでヨシっと思い、切り取った写真を画用紙に貼って出来上り
と思ったけど、やっぱり空白のところにもう少し何か貼りたいなぁ~とまた雑誌を
見ながら何枚か切り取って…
完成したのがこの作品デス
画用紙の真ん中に貼った仏様の下にある赤いリースはそのまま丸い形で貼るつもりだったのが、なんだかしっくりこなくて…
リースを折り曲げて仏様の下に貼り、仏様が落ちないようしっかりした台座をイメージしていたのですが、作っているうちに台座ではなく“あっかんべー“している“ベロ(舌)“に見えてきて思わず一人で楽しくなってきて…

そうなると、心と頭がしゃべり出したり、思い出したり、無になったり、
独りの世界にどっぷりはまる

最後には、貼りたくないけど気になる写真(ドクロ入りのチョコの写真)
をイヤイヤ貼って(笑)出来上り。

切り取った作品を見てみると。。

私は“舌“=“自分の思いを相手に伝わる言葉で素直に伝えたい“と言うコラージュ作品
のように思えてきました

その後、作品を見ながらみなさんと一緒にシェアする中で、先生からの問いかけや、
お話頂いたことで、実はこのコラージュが『(伝えるためには)聴くこと』が大切だと
教えてくれている『耳(聴く)』がテーマのコラージュだと言うことがわかりました

コラージュは一人で作る事もできて、スッキリすることもありますが、
出来上がったコラージュ作品を見ながら話すことも大切なのです

完成作品や選んだ写真、自身についての話をし、 それを聴いてもらうこと、
作品を見ながら先生や参加者さんから問いかけがあったり、印象を話してもらうことによって、視野が広がったり、新たな発見があったり、自分自身の特徴やテーマを再確認したり、心が整理されていくような不思議な感覚があるのです。

私は、この不思議な感覚にはまり
2013年8月にコラージュ療法と出会って以来、コラージュ療法の講座やワークショップに足を運び、
私も皆さんに体験してもらえるワークショップをしたいと思うようになったのです。

せっかくの機会なので、人生初コラージュもお見せしちゃいますっ

ジャジャジャ~ン

DSC_5687

この作品を作った時は、何をどうしたらいいかわからなくって。。、
完成した作品を見ながら問いかけてもらったことが、
その時は「ふぅ~ん。そうですかねぇ??」って感じだったんですけど(笑)
あとから、ジワぁ~っと。。
「えっ!?もしかして、いや、もしかせんでも、そう言うことかも!?」と心に響いたのが、コラージュ療法をもっと知りたいと思ったキッカケでした。

今見てもこの時の特徴が良く現れているこのコラージュは、お見せするのもなんだか恥ずかしいのですが、私の記念となる大切な作品です

 

About

therapy stand(セラピースタンド)

車がガソリンスタンドでエネルギーをチャージしたり、点検・洗車するように、

人が心のメンテナンスに立ち寄る場所として、気軽に利用して頂けますように…

 

ES(エス)

心理学用語で本能的エネルギーの根源のことを言います。

ご自身の『本能・本質』を尊重し、”心(しん)”を大切に…

therapy stand ES が少しでもお役に立てますように…

そんな思いを込めて名付けました。

 

実際の臨床場面で用いられている”コラージュ療法”や”描画テスト”を体験して

頂いたり、SPトランプ等を用いたワークショップや心理カウンセリングを

行っています。

あなたも心のメンテナンスをしませんか。